ビーチバレーのルール

経験者の方ならお分かりかと思いますが、砂浜ではインドアのように飛んだり跳ねたりすることは容易ではなく、かなりのパワーが必要となります。足を動かしても思うように動かず、ジャンプしてもネットの上に出ないこともよくあります。砂の上で動くにはコツや慣れが必要になる為、上手になる為には何度もトライすることをお勧めします。

パスについてはインドアのバレーボールと同じで、オーバーハンド、アンダーハンドがありますが、ビーチでは風の影響がある為、少しでも長く触れていられるように、若干ホールディング気味に行う必要があります。オーバーハンドはドリブルをとられやすくなっている為、組手でのオーバーハンドが多様される傾向にあります。手の組み方は人それぞれですが、ヒットすることがポイントですので、風を考慮したパス回しが鍵となっています。

サーブに関しても、インドアと大差はありません。ただし、ビーチバレーの場合はレシーバーが二人しかいませんので、しっかり狙いを定めることが重要なポイントとなります。このように説明すると、少し難しい印象もありますが、インドアと少しの差しかありません。何度も観戦したり参加することでより理解して楽しめるようになりますので、どんどん参加することをお勧めします。